京都における中小企業の人材確保の課題
京都における中小企業の人材確保の課題

京都の中小企業経営者、人材確保の課題とは?

京都には、地域の歴史に根差した様々な産業があります。
伝統工業などもそうですが、観光業もあわせて京都の経済を支えています。
しかし、大企業はもちろんのこと、中小企業においても人材確保が難しいといった課題があります。
理由として、中小企業は認知度を上げることが難しく、大学生や専門学校生の就職活動の中で探すのが難しいからです。
近年、学生はインターンシップなどで、企業と接する機会は増えているものの、中小企業では自社独自で説明会や、インターンシップなどの取り組みをするのが難しく、そこに自社にマッチした人材を参加させるのは、さらに困難であり、人材確保の難しさを加速させています。
一方で京都を出て、他の都市部に就職を目指す人もいます。
しかし社員数が少ない企業だからこそ、業績を上げるためには有益な人材確保が必要不可欠です。

京都の中小企業経営者が人材確保するには?

京都の中小企業経営者が人材を確保するには、やはりプロの社会保険労務士などに任せることです。
京都は、歴史的にも文化的にも価値のある都市ですので、他から就職したいという人も存在し、地元の経営者ではわからなかった魅力も、アピールすることができるからです。
そして、今まで中小の会社には目を向けてこなかった大学生や、専門学校などの卒業生、何らかの理由で早期離職した人、就職活動がうまくいかず、就職先を探している第二新卒なども考えられます。
そのような人を効率的に確保するには、大規模な宣伝ではなく、ニーズにマッチしたところにピンポイントに求人を行うことが課題解決の一助になります。
これを普通の経営者が行うことは極めて難しいのですが、社会保険労務士事務所など、雇用状況や世間の流れに詳しいプロに任せることで、少ないコストで課題を解決することができます。
会社にとってなくてはならない人材確保だからこそ、プロの力を借りることが必要になります。
そして、国や地方自治体が就職率のアップに向けて取り組んでいますので、中小企業の就職や離職者の雇用には、補助金が出ることもあります。


助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク