京都の中小企業人材不足を解消へ
京都の中小企業人材不足を解消へ

日本の経済を支える中心の中小企業ですが、現在人材不足の問題を抱えています。
京都も例外ではありません。
自身の会社を、職を求める学生や、第二新卒の人たちにアピールしたいけれど、どのようにアピールすれば良いかわからない、採用した際どのような制度が受けられるのか知りたい事業主は多いでしょう。
求職者に対しても、社会保険労務士やハローワークではニーズに合わせたマッチングをお手伝いしてくれます。
企業側もプロに任せることで、即戦力や、採用した際の助成金などを正しく受け取ることができます。
京都府も人材確保に力を注いでいますので、制度を知っておくことで、お互いが納得のいく採用になり、人材不足解消へつながるでしょう。

京都における中小企業の人材確保の課題

京都の中小企業経営者は、特にこれからを担う人材確保がやはり課題です。そのようなときは、必要とする人にマッチングするプロの、社会保険労務士などにお任せすることが良いです。

詳しくはこちら

 

採用に関する助成金のポイント

中小企業の多い京都においても、ハローワークなどに申請することで、人材の採用に関する助成金が数種類あります。申請においては、社会保険労務士などにお任せするのが良いです。

詳しくはこちら

 

京都の中小企業の採用状況と課題

京都における中小企業の景況は産業により増加しているものや、減少しているものがあります。採用状況については人材確保の課題があり、補助金の活用や大学生との接触機会の増加が期待されます。

詳しくはこちら

 

無料で労務リスク診断をしませんか

経営者は会社のトラブル回避のための対処策をいろいろと講じる必要があります。近年注目を集めているのは労務リスク診断という方法で京都でも行っている事務所があります。

詳しくはこちら

 

京都企業の「同一労働同一賃金」に対する対応

同一労働同一賃金ということが政府でもガイドラインを作成して、対応に本腰を入れています。京都企業の経営者の中でも、働き方による格差への対処にいろいろと動いているようです。

詳しくはこちら

 

「雇用保険率の引き下がり」京都労働局が発表

平成29年度より雇用保険率が引き下げになると京都労働局から発表されています。給与計算や控除なども新しい法律案に基づきいろいろと変わってきますので注意が必要です。

詳しくはこちら

 

京都の女性が仕事で活躍するための働き方改革とは

働き方改革の中には女性が職場で活躍しやすい状態を構築するためのものがあります。日本はこの分野で諸外国に遅れをとっていますが、働き方改革を行うことで理想的な環境が作れるでしょう。

詳しくはこちら

 

京都の障害のある人の働き方改革について

働き方改革を実行することによって様々なメリットが享受できますが、障害を抱えている人に関する改革を行う動きも加速しています。よりしっかりとした法整備をすることも求められています。

詳しくはこちら

 

京都で過労死を防ぐための働き方改革

過労死はとても悲しいものですが、日本では非常に多く発生しています。労働環境を良くするために企業や国が積極的に動くことが重要で、理想的な働き方改革が望ましいです。

詳しくはこちら

 

京都の中小企業制度融資とは

京都で新たに事業を始める人や、経営承継のために融資を受けられる制度が、中小企業制度融資です。しかし申し込むには、様々な条件が求められます。企業の状況を理解して活用しましょう。

詳しくはこちら

京都の地域ごとに取り組む雇用

現在、日本では都市部に企業が集まり、都市の雇用は増加傾向にある一方で、地方での雇用は不足しています。このような問題を改善するために、京都でも雇用対策が行われています。

詳しくはこちら

 

京都のマザーズジョブカフェとは

ハローワークやマザーズハローワークは国が運営する公的機関ですが、マザーズジョブカフェは京都府が運営する就職支援機関です。子育てをしながら、働き口を探している女性には嬉しい施設です。

詳しくはこちら

京都の長時間労働を削減する働き方改革とは

長時間労働を防ぐための戦略として働き方改革が大々的に動き出しています。しかし企業がその改革に適した行動ができるかはまた別物です。その際には社労士にお任せください。

詳しくはこちら

 

京都の子育てしやすい働き方改革

子育てしやすい職場環境も作るために国が主導して働き方改革に力を入れています。それだけではなくて会社側も独自の制度の充実を図ることが大切です。時短労働など各種制度を導入するべきです。

詳しくはこちら

京都の働き改革としてのストレスチェック制度

ストレスチェック制度を活用することによって、効果的に改革を進めることができます。京都においてもこのチェックが活用されていて、従業員の働く環境の良化に役立てられています。

詳しくはこちら

 

京都の働き方改革における残業上限規制について

働き方改革における残業上限規制をうまく実践して活用することが京都でも求められています。特に評価はベンチャー企業も多く、これらの問題が山積していますが、社労士にご依頼ください。

詳しくはこちら

京都の人手不足を改善する働き方改革とは

人手不足による弊害は計り知れないため、多くの企業が働き方改革の実行を検討しています。それの一環として開き方の多様化などが重視されています。従業員目線に立つことがとても大切でしょう。

詳しくはこちら

 

京都のワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革

京都のワーク・ライフ・バランスを重視している働き方改革を成し遂げるには、制度作りをしっかりと行い、目的に応じたマネジメントも不可欠でしょう。従業員目線の対策が必要です。

詳しくはこちら

京都の高齢社員に向けた働き方改革とは

京都では、観光客と働き手のバランスがとれていません。解決するには、働き方改革をして高齢社員を増やすのが有効です。高齢者たちが働ける環境をつくることが、京都の経済を発展させるはず。

詳しくはこちら

 

京都の生産性向上を目指した働き方改革

京都の企業の中には、働き方改革で社員の変革を促す試みを行っているところも多いです。従来の勤務スタイルを見直すことで生産性を向上させるためにはどうすればいいかを考えましょう。

詳しくはこちら

京都の働き方改革で注目されている「タレントマネジメント」

働き方改革を実践している京都の企業もたくさんありますが、その中でもタレントマネジメントという概念が注目を集めています。人事システムの見直しをすることで生産効率を高めます。

詳しくはこちら

   

京都の働き方改革における在宅勤務制度について

在宅勤務制は、社員が京都の自宅にいながら仕事ができる働き方であり、経営者や企業の考え方次第で導入できる制度です。メリットも多いですが、連絡がしにくいなどのデメリットも存在します。

詳しくはこちら

京都の働き方改革における週休3日制を導入する企業側の狙いとは

週休3日制を導入する狙いは、京都にある企業でも、魅力的で革命的な会社にして、人材を確保することにです。導入が上手くいくかは、週休3日制でも依然と同じ社員への待遇にできるかが鍵です。

詳しくはこちら

   

京都の働き方改革でダイバーシティ推進の背景と効果について

ダイバーシティは、国際化や女性の社会進出などの背景により、働き方改革で、導入が求められるようになりました。京都の企業でも、上辺だけの導入となると、その効果は出にくいです。

詳しくはこちら

京都の働き方改革における裁量労働制とは

働き方改革という政策を政府が打ち出したため、京都の企業も働き方改革を意識しているでしょう。働き方改革における裁量労働制は、専門業務型裁量労働制や企画業務裁量労働制があります。

詳しくはこちら

   

京都の働き方改革コンサルティング

働き方改革によって京都の企業も残業を削減する取り組みをしてますが、生産性の向上に繋がっていないことがあります。コンサルティングを依頼すると、課題を明確にして適切な対応ができます。

詳しくはこちら

京都の働き方改革で導入するフレックスタイム制

働き方改革を実現するために、フレックスタイム制を導入してみてはいかがでしょうか。効率が良くなり、残業時間の削減に繋がります。既に導入している企業が京都にはたくさんあります。

詳しくはこちら

   



助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク