京都の子育てしやすい働き方改革
京都の子育てしやすい働き方改革

子育てを応援する会社への入社を望む人が多い

子育てを応援する会社への入社を望む人が多い 働き方改革を政府が主導して頻繁に会議などがなされていますが、働き方を改革するといっても内容は様々です。
長時間労働が特に問題視されていますが、今の日本の現状を見ていると子育てしやすい職場環境づくりも非常に重要です。
人口減少は日本全体の将来に関わる問題のため以前から取り組みが行われていますが、子育てをする当事者(主に母親)目線に立った改革は進んでいません。
的外れな内容の働き方改革では子育てをしやすい環境を作ることはできず、京都においても子育てと仕事の両立ができていない現状があります。
京都には様々な会社が多数存在していますが、中には子育て世帯に対してバックアップを行っている会社もあります。
しかしまだまだ少なく、働き方改革により成果が待たれるところです。
産休や育児休暇だけではなくて、時短労働や融通の利く時間設定を設けることこそが子育てしやすい働き方改革に繋がるでしょう。

子育て支援制度を会社内で設ける重要性について

子育て支援制度を会社内で設ける重要性について 国による働き方改革はそれぞれの企業に即した方法ではないため、会社によっては様々な問題が出てくるでしょう。
それを防ぐためには実際に子育てをしている従業員に見合った制度を自社内で用意することが大切で、それに加えて働き方改革による工夫を行ってください。
育児・介護休業法改正によって子育て中の世帯や今後子育てを迎える世帯にとってより良い環境ができつつあり、また「くるみん認定制度」を厳格化することにより従業員にとって働きやすい会社を増やす効果も期待されています。
子育てサポートを積極的に行う会社が京都をはじめ、日本全国に増えることで、働き方改革は成功に向かうでしょう。
日本は諸外国と比較すると働きながら子育てがしづらい環境にあるといわれています。
少子高齢化が進む今、諸外国の水準に追いつくことが重要ですが、働き方改革がその重大な役割を担っているのです。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク