京都の働き改革としてのストレスチェック制度
京都の働き改革としてのストレスチェック制度

ストレスチェック制度を導入して働きやすさを大きくアップさせたい

ストレスチェック制度を導入して働きやすさを大きくアップさせたい 京都だけではなくいろいろな地域において、仕事によるストレスを抱えている人たちが増えています。
近頃はストレスチェックを従業員に受けさせる会社がたくさんあり、その結果に応じた対策が行われています。
働き方改革が叫ばれていますが、各会社や従業員が抱えている問題はそれぞれ異なりますので、まずは実態把握のためにもストレスチェックをすべきです。
基本的にはストレスチェックの結果は会社側に伝達されることはありませんが、本人は知ることができるので、自分なりに働き方を変化させることができます。
また従業員が許可さえ出せば会社側がチェック結果を把握でき、従業員がどんな状態で仕事をしているのかを知れ、より良い対策を会社が行えるでしょう。
実際に様々な形でストレスチェックを実施しているところが増えており、それにより具体的な働き方改革が社内で実践されるケースも増えてきました。
すべての従業員が受けてくれるわけではありませんが、会社がこのストレスチェック制度を導入することにより、従業員目線に立っていることを伝達できるので、従業員にも、そして対外的にもアピールできます。

ストレスチェックが働き方改革を支える?

ストレスチェックが働き方改革を支える? 京都にある会社で働いている人の多くも仕事に関する悩みやストレスを抱えています。
中には自分自身で気づいていない場合もあるので、ストレスチェック制度の導入はとても有意義です。
その結果を用いて適切な制度を生み出せますし、会社が解決すべき問題が浮き彫りになります。
従業員側にも選択権がありますので基本的にはストレスチェック制度はメリットばかりでしょう。
会社側が知り得た情報に基づいた対策を打ち出さないとストレスチェックの結果を最大限活かせませんから、経営陣や担当者は働き方改革の一環として注視すべきでしょう。
京都のみならず、日本全域においてもこの方法は有益です。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク