京都のワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革
京都のワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革

ワーク・ライフ・バランスを重視した働き方改革について

働き方改革と残業上限規制に関して 働き方改革の目的は、従業員にとって理想的な職場環境を作り上げることにありますが、そのためには多くの点に注目しなくてはいけません。
ワーク・ライフ・バランスもその中の一つで、働き方改革の中でも特にポイントとなっている部分になります。
より良いワーク・ライフ・バランスを作り上げるためには、仕事とプライベートの両方のバランスを取ることになりますが、人事処遇制度を適切な形で導入すべきでしょう。
働き方改革の実践を機に、これらの制度の中で不明瞭な部分を洗い出し、きちんと制度化していく必要があります。
基礎となる制度がないと、ワーク・ライフ・バランスを意識した働き方改革は成し遂げられません。
透明度の高い制度作りが不可欠で、仕事面だけではなくてプライベートにも配慮したワーク・ライフ・バランスを実現させましょう。
ワーク・ライフ・バランスは京都でも注目されていて、京都モデルの企業認証制度も登場しています。

ワーク・ライフ・バランスと働き方改革

ストレスチェックが働き方改革を支える? 働き方改革により、企業全体の雰囲気を変えることが可能ですが、企業側の努力も必要です。
ワーク・ライフ・バランスを整えることにより従業員の士気が高まり、充実した作業環境が作れます。
すべての従業員が、同一環境の中で生活しているのではないことを経営陣が理解をし、時間制約がある従業員がいることを前提にマネジメントをしてください。
それにより、従業員のワーク・ライフ・バランスが整いやすくなり、プライベートが充実し、結果的に労務環境が良化します。
このバランスを意識した働き方改革を実施することにより、いざという時にも人材不足で悩むことがなくなり、常に安定した環境のもと仕事が行われます。
各々の従業員を尊重した体制作りを目指してください。
社労士オフィスの京都ヒューマン・リソース・ラボラトリーでも働き方改革に関する支援を行っています。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク