京都の長時間労働を削減する働き方改革とは
京都の長時間労働を削減する働き方改革とは

働き方改革によって長時間労働の問題を解消に導く

働き方改革によって長時間労働の問題を解消に導く 通常期と繁忙期の分類で揉める可能性がある上、残業時間を抑えることで長時間労働を削減するという方法は現代日本においてマッチしていない方策だと言えます。
業種によってルールに差が出てくる点も不公平です。
残業時間の上限ができたとしても、結局従業員は働き続けなければならないので、これまで支給されていた残業代も上記の上限時間までしか出なくなる懸念もあります。
根本的な解決が望まれている長期間労働については、京都だけではなくて全国で問題視されています。

長時間労働と働き方改革について

長時間労働と働き方改革について 働き方改革が始まると一定の効果を出る可能性はありますが、一部の企業においてはより労働環境が悪化します。
この改革によって突然企業システムのあり方を変更することは難しいため、企業側は最適な労務環境の整備のために専門家の力を借りるべきでしょう。
社労士オフィス 京都ヒューマン・リソース・ラボラトリーであれば働き方改革によって変化した労務環境にもしっかりと対応でき、企業&従業員目線に立ったコンサルティングが可能です。
働き方改革自体はとても魅力ある取り組みですが、必ずしも良い方向に進むとは言えないため、より良い結果を出すためにも社労士にお任せください。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク