京都の働き方改革における週休3日制を導入する企業側の狙いとは
京都の働き方改革における週休3日制を導入する企業側の狙いとは

人手不足を解決するため

人手不足を解決するため 週休2日制が多くの企業では一般的となっていますが、今や一部の大企業では週休3日制を導入するところも出てきています。
これは京都にある企業でも取り入れる場所もあり、京都の企業としては、人手不足に対する解決策としての狙いがあります。
人で不足だからこそ、魅力ある企業作りをしていこうという狙いがあるのです。
革命的な働き方を、京都にいる社員に提供しようとするものです。
他者よりも魅力ある企業にしていければ、人材確保をしやすくなり、週休3日制はその1つの考え方と言えます。
特にあまり休みが取れないという企業で、率先して週休3日制を導入する動きが出てきています。

どのようにして週休3日制を活かし方

どのようにして週休3日制を活かし方 週休3日制を導入すると、それは週に1日休みが増えることなり、今までとは違う革命的な働き方になるでしょう。
それは、1日自由に使える時間が増えることなり、企業の狙い通り、魅力的な会社作りに繋がるかもしれません。
社員にとっては、1日に自由に使える日が増えて、まさしく革命的であり、どうその休みを使うかも考えていかないとならないでしょう。
祝日などがあり3連休のような休みが、毎月発生するのです。
ただ京都にある会社でも、週休3日制を導入すると、それは月のトータルで見ると、勤務時間が少なくなることなります。
そうなると、当然給料も減るので、休みを充実させるのも厳しくなるかもしれません。
逆に給与を今まで同じとするならば、1日に勤務時間を長くしないとならないのです。
休みが増えたけど、手取りは減ったので、その分副業をしないとならないとなれば、働く環境は依然と同じで革命的とはならず、週休3日制を導入する意味や狙いは無くなるかもしれません。
京都にある企業としても、革命的で魅力的な会社とするには、いままでと同じように社員の待遇や勤務時間を変えずに、導入する工夫をしないと、狙い通りに社員が集まらず、なかなか活かしていくのは難しいでしょう。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク