京都の障害のある人の働き方改革について
京都の障害のある人の働き方改革について

障害のある人にかかわる働き方改革とは

日本における就業実態は決して誇れるものではありませんし、数え切れないほどの問題点があることも周知されています。
女性と仕事に関する問題、年齢と仕事に関する問題、そして障害のある人の働き方についての問題もあります。
法律の整備などによって障害のある人が働きやすい環境が整いつつありますが、満足できる状況ではありませんし、多くの問題を抱えています。
障害のある人も健常者と同様の環境で働く権利はあるので、何とかして現状の働きにくさを改善しようという動きが京都など日本各地で活発化しています。
簡単に考えられることではありませんが、それでも企業が様々なことをしっかり理解した上で障害を抱えた人を雇うことができれば、大きな働き方改革につながります。
障害を抱えた人の中には毎日職場に足を運べない人も多数いるので、テレワークで可能な仕事を用意しそれを委託することで、企業側にとっても大きな戦力となるでしょう。
実際にテレワークを活用した働き方を導入している企業は京都だけではなくて日本全国にあり、その流れを障害のある人の働き方とリンクすれば大規模な改革となるでしょう。
障害のある人にかかわる働き方改革とは

障害のある人の働き方改革を実行すべき

障害のある人の中にも働くことができる人は数多く存在しています。
しかし定職に就けている人は京都でも決して多くはないのが現状です。
企業側が障害を持った人が働きやすい環境を整え、そして国もしっかりとした法整備を進めることが大切で、それらをしっかりと行わなければ障害のある人のための働き方改革はかなわないでしょう。
上記したようなテレワークのシステムなど様々な勤務形態を設けることによって、企業側にもメリットがあり、なおかつ障害のある人も有意義に働くことができる環境を作ることができます。
京都を中心にこのような動きは広まりつつありますが、今のままではなかなか達成されないでしょう。
企業、国、そして障害のある人の周りにいる人たちが一丸となれば、大きな働き方改革ができるはずです。




障害のある人の働き方改革を実行すべき

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク