京都の働き方改革における残業上限規制について
京都の働き方改革における残業上限規制について

働き方改革と残業上限規制に関して

働き方改革と残業上限規制に関して 企業で働く人のための制度改革の実施が求められており、それにより働き方改革が行われることになりました。
他の先進国に比べ、従業員の権利が蔑ろにされていた面があるので、働き方改革自体が先進的な制度ではありますが、これにより様々な対策がなされることになりました。
その結果、残業が上限規制されるようになり、ある程度の残業時間の削減は達成されました。
しかし、根本的な解決に至っていないことは明白であり、一部の企業は従業員の為に残業上限を設けて実践していますが、そういった企業ばかりではありません。
タイムカード上の操作は日常茶飯事的に行われていて、悪質な企業運営をしているところに関しては、働き方改革はあまり意味をなしていないのが現状でしょう。
残業時間を制限することにより、従業員が抱える負担は減るかもしれませんが、その分生産性が減ってしまい、これまでのような売り上げの達成が難しくなったという声もあります。
京都には多数のベンチャー企業がありますが、そういった企業の従業員は働き方改革の恩恵を受けにくい状況にあるでしょう。

京都でも取り組まれている残業上限規制

ストレスチェックが働き方改革を支える? 経営者にとって、従業員の健康状態やモチベーションの管理は非常に大切なことですが、生産性の高さや売り上げの達成度合いも重要なことです。
働き方改革における残業上限規制を成し遂げ、従業員の働きやすい環境を整えることが大切ですが、そのためには専門のコンサルティングサービスを受けるべきです。
京都ヒューマン・リソース・ラボラトリーでは、働き方改革に関するコンサルティングも行っており、就業や労務に関するご相談も受け付けております。
残業上限規制が進んでいない状況の中、京都でも働き方改革を実現させるためには、適した方法を活用しなくてはいけません。
企業によってはあまり効果が求められていない残業上限規制を効果的なものとするためにも、ご相談ください。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク