京都の働き方改革における在宅勤務制度について
京都の働き方改革における在宅勤務制度について

在宅勤務をとりまく背景

在宅勤務をとりまく背景 インターネットを活用した情報技術や関連技術の発達によって、仕事での作業はパソコンを活用し、より簡単にできるようになってきました。
さらにはスマートフォンなどのモバイル機器も登場し、働き方も少しずつ変化し、各企業の環境や、経営者の考え方も変わってきています。
インターネットの普及により、仕事に必要な情報のアクセス、そして取引先などから依頼の仕事を納品する時も、京都のオフィスに出勤せずとも成り立つ業務も多くなってきています。
最近は、在宅勤務制を取り入れるような企業も登場し、京都にある企業での働き方でも、取り入れられるようになってきています。
在宅勤務制は、経営者が率先して積極的に取り入れる企業もあり、また雇用される社員にもメリットのある働き方です。
在宅勤務制では、経営者や企業が取り入れれば社員が使える働き方であり、自宅にいながら、インターネットを使用し、電話やメール、社内LAN、チャットなどを通じて仕事を行ない、納品や開発などをします。

在宅勤務制のメリットとデメリット

在宅勤務制のメリットとデメリット 在宅勤務制では、社員は自宅で仕事をすることができ、出勤する必要がなく、社員の都合の良い時間に仕事をすることが可能です。
これは京都の自宅にいながら仕事ができるということであり、同僚などの人間関係に左右されず、出勤のストレスからも解放されます。
より効率的に時間を使うことができるので、社員にとっても経営者にとっても、メリットのある制度です。
在宅勤務制は、社員がストレス少なく仕事ができるので、企業にとっても離職しにくいというメリットもあります。
しかしその反面デメリットもあり、これは企業や経営者が、京都の自宅にいる社員の動向や時間を管理しにくいということが挙げられるでしょう。
つまりは、社員は時間を自由に使っていつでも仕事ができますが、納期があるとそれを守れるのかということです。
メールやチャット、電話やSkypeなどを使い、社員と経営者や企業との報連相を密に行なうようにしなければ、在宅勤務制という働き方を取り入れても上手く制度が回りません。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク