無料で労務リスク診断をしませんか
無料で労務リスク診断をしませんか

経営者は労務リスクを意識すべし

経営者は労務リスクを意識すべし 経営者にはいろいろと悩みの種があるでしょう。
その中でも近年労務リスクに注意する必要が増しています。
残業代を請求された、解雇への訴訟、情報の漏洩、セクハラ・パワハラ問題、メンタルヘルスへの対策等です。
労務リスクの内容によっては、企業のイメージダウンにつながり、経営に深刻な影響を及ぼす可能性もあります。
そこで重視されているのが、労務リスク診断です。
労務リスク診断は、そもそも労働基準監督署の指導や勧告を受けないようにするためのものでした。
しかし今ではコンプライアンスや労働者の権利意識の向上により発生しやすい労使間のトラブル回避のために行われることが多いです。
このようなリスクをそのままにしていると、大きなトラブルに繋がりかねないので労務リスク診断を行うことの重要性は増しています。

労務リスク診断を受けてみよう

労務リスク診断を受けてみよう 労務リスク診断という方法を導入することは、健全な経営を続けるためにも経営者にとって必要なことです。
今ではインターネットで一気に情報が拡散するので、トラブルを回避してダメージを最小限に行う方法が大事です。
ですから経営者が労務リスクを抱えていて、トラブル回避をする方法も検討する必要があります。
労務リスク診断の方法については、社会保険労務士などの熟知している専門家もいます。
京都ということで観光地というイメージがありますが、数多くの企業があります。
京都の社会保険労務士の中には、無料で労務リスク診断サービスを行っているところもあります。
その中には、簡易にチェックする方法を用意しているところも見られます。
診断を受けることで、漠然としていた労務リスクが具体的に見えてくるでしょう。
そうすることでトラブル回避ができるはずです。
経営者には目に見えないトラブルに恐怖・不安を感じているでしょうが、具体的なリスク要因が見えることでトラブル回避のための対策もはっきりするでしょう。


助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク