京都の高齢社員に向けた働き方改革とは
京都の高齢社員に向けた働き方改革とは

京都の観光客と労働人口のバランスとは

京都の観光客と労働人口のバランスとは 日本でも有数の観光地スポットと言えば「京都」です。
日本人だけではなく、海外からも毎年のように多くの観光客が訪れます。
そのため、飲食店や土産店、ホテルなど京都のあらゆる場所が混雑している現状です。
高齢社員がどんどん退職し困っている企業が出ており、観光客と労働人口のバランスがとれていない場所もあります。
それを解決するためにも、働き方改革が必要です。
そこでキーマンとなるのが「高齢者」です。
現在は、日本国民の5人に1人は高齢者となっています。
今後も、少子化や核家族化が進めば、高齢者の割合も増えるのです。
経済活動を活発にするため、高齢社員の存在は必要となります。
例えば、外国語が得意な方には定年退職後も「案内役」や「通訳」をしてもらう。
自宅から出られない方には「テレワーク」を利用して仕事をすると言うように、現代風に働き方改革をするのが重要です。
また、新卒など若者を採用するだけでは日本社会は厳しくなります。
お客様に質の良いサービスを提供するために、退職後も社員を採用して、働き方改革をしてみてはどうでしょうか。

求職希望があっても働けない

求職希望があっても働けない 国が中心となり「働き方改革実現会議」が行われています。
これにより、高齢者の労働人口を増やそうとしています。
しかしながら、求職希望があっても働けない高齢者は多いのです。
その理由は、大きく2つあります。
1つ目は、定年退職をせざるを得ない企業があることです。
企業の多くは年齢制限を設けて社員が働けない仕組みにしてあるため、働きたくても働けないのです。
さらに、資格や特技を持っていない方は、企業から退職を促されるのです。
2つ目は身体の問題です。
年齢を重ねるにつれて、病気になる確率も増えます。
そのため、働きたいと思っても身体が言うことを聞かず働けないのです。
京都でも、高齢社員の求人を増やせば高齢者がイキイキと働ける世の中になることでしょう。
今後も、働き方改革を進め京都などの観光地で、高齢者が働きやすい環境をつくるようにしてもらいたいものです。

助成金診断

就業規則診断

労務リスク診断



 
 
 

お問合せ
社労士オフィス 
京都ヒューマン・リソース・
ラボラトリー


〒600-8491
京都市下京区鶏鉾町480
オフィスワン四条烏丸807

TEL:075-341-7807
FAX:075-341-7808

メールでのお問合せ


SRP認証マーク